【ブロスタ】エル・プリモの評価と立ち回り

ブロスタ解説

このページではブロスタの各キャラ解説を行っています。

目次から気になる項目にスキップすることができます。ぜひ活用してみて下さい!

 

エル・プリモの評価

 オススメ度 ★★★☆☆ 
 扱いやすさ ★★★☆☆
  汎用性  ★★☆☆☆

 

エル・プリモの性能

基本情報

レアリティ レア 属種 タンク 移動速度 高速
キャラ設定

エル・プリモは常にみんなの注目の的で、本人もまんざらでもない様子。誰もがたちまち彼の虜になるが、共演者たちは白い目で見ている。ーブロスタより引用ー

通常攻撃 「怒りの鉄拳」

説明:怒りに燃えた灼熱の拳で敵を打つ。(貫通攻撃)

射程:短距離 リロード速度:超高速 弾薬数:3

上図:通常攻撃で敵をエイムした様子。下図:弾の発射軌道。

ウルト 「エルボー・ドロップ」

説明:高く跳び上がり、障害物まで破壊する強力なエルボードロップを敵の脳天にお見舞いする。(貫通攻撃)

射程:長距離

上図:ウルトで敵をエイムした様子。下図:弾の発射軌道。

※また、エル・プリモはタンクキャラですので、ダメージを受けると必殺技がチャージされる特性を持ったキャラクターです。

ハイパーチャージ 「グラビティジャンプ」

効果:高く跳び上がったら、地核に届くほどの強力なエルボードロップを敵の脳天にお見舞いする。(貫通攻撃)

スピード:+25%  ダメージ:+5%  シールド:+25%

上図:ハイパーチャージで敵をエイムした様子。下図:弾の発射軌道。

ハイパーチャージが実装されたキャラ一覧

 

※画像をタップするとそのキャラの解説ページに移動します。

スタパ・ガジェ

スタパ①「バーニングドロップ」

説明:彼の必殺技の標的になった敵は、4秒間にわたり炎に包まれ1607ダメージを受ける。

スタパ②「流星雨」

説明:必殺技の発動後、4秒にわたって速度25%ブーストされる。

ガジェ①「スープレックスサプリ」

説明:手近な敵をつかんで、パンケーキをひっくり返すようにヒラリと後ろに投げ飛ばす。

ガジェ②「アステロイドベルト」

説明:小惑星を召喚して最も近くにいる敵にぶつける。2736ダメージを与え、壁を破壊する。

 

オススメ組み合わせ

オススメはスタパ①「バーニングドロップ」+ガジェ②「アステロイドベルト」です。この組み合わせは、敵に圧をかけることができる組み合わせで、スタパ②「流星雨」+ガジェ①「スープレックスサプリ」の組み合わせは、対面した敵を追いかけまわして、ぶん投げて確実にキルすることができます。前者は前線を一気に上げるブロストライカーでよく見られ、後者はバトロイなどでよく見る組み合わせです。使うそれぞれの好みや、モードによって使い分けましょう

 

エル・プリモの立ち回り

一番意識すること

エル・プリモで重要なことは、とにかくウルトを意地でも貯めることです。プリモのウルトは、上手く刺されば敵を確実にキルすることができ、ループすることだってあります。その結果一気に前線を押し上げることができ、試合を有利に進めることができます。通常攻撃をかすめたり、被弾したり、どんな立ち回りであれ、ウルトを貯めることを最優先としましょう。

しかし、プリモは射程が無いようなものなので、裏技として、引き打ちを使うといいでしょう。普通に攻撃をしたら上図のような射程になりますが、下図のように後ろに移動しながら通常攻撃を行うことで射程が延び、距離感を誤った敵に命中することがあります。

ぜひ普段の立ち回りから意識してみてくださいね。

ウルトのタイミング

ウルトのタイミングとしては、壁とプリモで敵を挟めるときなどの確実にキルを狙えるタイミングで使用しましょう。壁を壊すのに使うには少しもったいない気がしますが、その試合でのウルトの貯まりやすさを基準に立ち回りは変えましょう。

有利、不利なキャラ

プリモは射程が短いうえに瞬間火力もビビるほど高くないため、ほとんどのキャラに対して不利です。火力が高いシェリーやスパイクに対面したときは、誰しも最悪の思いをすることとなるでしょう。しかし、ウルトで一気に距離を詰めることができるため、ハンクなどの攻撃速度が遅いキャラや、ベルなどの瞬間火力がさほど出ないキャラに対してはたまに有利くらいです。

 

同じレアリティのキャラ解説

※画像をタップするとそのキャラの解説ページに移動します。

ここまでの解説でよく分からない用語があった方へ

まとめ

個人的総評価

プリモの総合評価  ★★★★★☆☆☆☆☆ (5/10点)

このキャラはウルトが貯まり、刺さりさえすれば強いキャラですが、キャラ相性によってぼこぼこにされることがしょっちゅうあります。ブロスタの中でもトップレベルの不遇なキャラではありますが、その分ロマンがあるキャラでもあります。

 

最後までご精読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました